日豪関係
日本とオーストラリアの関係

●日豪関係の始まり
公式なオーストラリアの歴史が始まるのは、200年前。日本は、江戸時代だ。
幕末(ばくまつ)の日本に、オーストラリアの捕鯨船(ほげいせん=クジラをつかまえるための船)がやって来たという記録がある。
1831年、レディ・ロウエナ号が北海道東岸の浜中町に来航。
1850年、イーモント号が北海道東岸の厚岸(あっけし)町近くで難破(なんぱ)。
その後、日本が鎖国(さこく)をやめて開国し、外国とつきあい始めると、オーストラリア人も来日するようになった。
オーストラリアで働いていたイギリス生まれのジャーナリスト、J・R・ブラックは、横浜で英字新聞「ジャパン・ヘラルド」の編集をした。
1873年、オーストラリア人の宣教師(せんきょうし)ウィルトン・ハックが、長崎に教会を作った。
1888年、教師ジェームス・マードックが来日。後に第一高等学校(今の東大)で、夏目漱石(なつめそうせき)らを教えた。彼は1917年帰国し、シドニー大学で初めて日本学を教えた。
●真珠と砂糖の仕事で移住した日本人
一方、開国後は日本人もオーストラリアを訪れるようになる。
1881年、真珠(しんじゅ)産業で働くために、日本人潜水夫(せんすいふ=ダイバー)が木曜島(西オーストラリア州)にわたった。
1913年には、木曜島やブルームの真珠基地で、1740人もの日本人が働いていたそうだ。そのほとんどが和歌山県出身で、すぐれた潜水技術があるため重んじられていたらしい。            
また、19世紀終わりごろには、砂糖(さとう)産業で働くため、日本人労働者が今のクィーンズランド州に移住している。
また、1905年、高須賀(たかすか)穣によって、稲作(いなさく)が初めてオーストラリアに伝えられた。

ブルーム日本人墓地の墓碑や潜水具 (ダーウィン真珠資料館)

ケアンズ郊外に広がるサトウキビ畑
●戦前の羊毛貿易
日豪貿易(ぼうえき)は、羊毛から始まった。
1879年、オーストラリアから初めて羊毛が輸入される。
その後、神戸の貿易商、兼松(かねまつ)商店が、米と石炭(当時の日本の主な輸出品)を輸出し、羊毛を輸入するという本格的な貿易を始めた。
この貿易は急速に増大し、1931年までには、日本がオーストラリア羊毛の買い入れ国第2位となった。また、同年のオーストラリアの総輸出高の11パーセントが対日輸出だった。
しかし、イギリス製品を優先させるという貿易政策のため、日豪貿易は衰退(すいたい)していく。
当時、白豪主義がさかんであったが、1940年には、ダイバーや貿易商など約1000人の日本人がオーストラリアに住んでいた。
●敵国だった第2次世界大戦
日独伊の同盟国と、米英の連合国が争った第2次世界大戦のときは、オーストラリアは宗主国イギリスとともに、連合国側で参戦している。つまり、日本は敵国であった。
フィリピンで日本軍にやられた米軍のマッカーサーが、「アイ・シャル・リターン」と言い残して、退却(たいきゃく)し反撃(はんげき)に備えていたのが、オーストラリアのブリスベンである。
当時、日本軍がシンガポールを攻撃(こうげき)し、山下司令官が「イエス・オア・ノー」とイギリス軍に降伏(こうふく)をせまった戦いや、ガダルカナルをめぐる、米軍との戦いなどに、オーストラリア軍が参加している。
日本軍の捕虜(ほりょ)になったオーストラリア兵は、虐待(ぎゃくたい)を受けたり、重労働をさせられたりしたらしい。「戦場に架(か)ける橋」という映画の舞台(ぶたい)となった、クワイ川鉄橋建設には、多くのオーストラリア人捕虜が働かされたと言われている。
また、オーストラリア本土も、1942年、日本軍の攻撃を受けている。
北部のダーウィンや、ブルームは空爆(くうばく)で壊滅(かいめつ)的状態。シドニー湾には、日本の秘密兵器、特殊潜行艇(とくしゅせんこうてい)が侵入した。
ニューキャッスル(シドニーの北)には外洋から砲撃(ほうげき)。
第2次世界大戦では、オーストラリアにとっての敵国は、ドイツでもイタリアでもなく、「日本」だったのである。
従って、そのころ従軍していた人たちやその家族の中には、いまだに日本軍に対する怒りを持っている人もいる。あの戦争で3万人の死者が出たのだから。
なお、ニュー・サウス・ウェールズ州のカウラという町(シドニーの西320キロ)には、かつて日本人捕虜の収容所があった。ここで1944年、日本人捕虜の大脱走(だっそう)事件が起こる。日本兵200人以上が死亡。
現在のカウラには、その時亡くなった日本人の墓地(ぼち)が造られており、日豪の交流のしるしとして、日本庭園や文化センターも建設された。

キャンベラの戦争記念館
 
シドニー湾をおそった潜行艇(せんこうてい)
 
日本との戦争の記録も展示 

ダーウィン戦争博物館
 
当時使われた兵器             日本軍の持ち物

日本軍のダーウィン爆撃を知らせる新聞
●戦後の日本人花嫁
第2次世界大戦は、1945年、日本の無条件降伏(むじょうけんこうふく)で終わる。敗戦後の日本には、米軍を中心とした連合国軍が駐留(ちゅうりゅう)した。
その中には、たくさんのオーストラリアの兵士もおり、日本人女性と結婚(けっこん)する兵士も少なくなかったようだ。
その後、600人以上の兵士が、日本人の花嫁(よめ)を連れてオーストラリアに帰国した。この日本人花嫁たちは、新しい国で、文化の違(ちが)いに苦労しながら、妻(つま)として母として、たくましく暮らしたそうだ。
●高度成長を支えた鉄鉱石などの貿易
1951年、サンフランシスコ条約(じょうやく)に調印した日本は、ようやく国際社会に復帰(ふっき)した。オーストラリアとの国交も回復する。
1957年には日豪通商協定(つうしょうきょうてい)を結び、さかんに貿易が行われるようになった。特に、当時オーストラリアで発見されたボーキサイトや鉄鉱石(てっこうせき)、石炭、マンガンなどは、日本の鉄鋼業(てっこうぎょう)を発展させるために欠かせない原料として、どんどん日本に輸出された。
日本の経済(けいざい)が高度成長をした時期、オーストラリアとの貿易はその発展を支えたと言えるだろう。
●現代の友好関係
オーストアリアは、戦後しばらくして、白豪主義(白人中心)の考え方を改めるようになった。イギリスの影響(えいきょう)が少なくなり、太平洋国家の一員としてやっていくことになる。
今では、日本とオーストラリアは、貿易、観光など、大事なパートナーとして友好関係を続けている。県や市、学校などの交流、ワーキングホリデー制度、語学教育(英語・日本語)、なども盛んとなっており、今後も日豪関係はますます発展するはずだ。
参考 オーストラリア大使館発行「豪日関係」

    歴史へ
オーストラリアという国へ   地理や歴史へ