メルボルン Melbourne
イギリスの伝統を残す、落ち着いた町

ビクトリア州の州都メルボルンは、人口は300万人で、オーストラリア第2の都市です。この町は緑も多く、「ガーデン・シティ(庭園)」ともよばれます。たくさん残る古い建物にはイギリスの伝統(でんとう)が感じられます。市内を移動するには、市電(トラム)が便利です。
メルボルンの郊外(こうがい)にあるフィリップ島では、世界一小さいペンギン(体長33センチ)、フェアリーペンギンが、砂浜(すなはま)をよちよち歩きながら、そろって巣に帰る様子が見られます。また、グレート・オーシャン・ロードという200キロ以上続く海岸も、ダイナミックな地形で有名です。

 
フェアリーペンギン(左の写真は広島県の今川先生の撮影です)
 
グレート・オーシャン・ロードにある奇岩(きがん)「12人の使徒(しと)」