オペラハウス  (ニュー・サウス・ウェールズ州)

2007年6月に、シドニーにあるオペラハウスを世界遺産として登録することが決まりました。オーストラリアの世界遺産としては17か所目で、文化遺産では王立博覧会ビル(メルボルン)に次いで2か所目。 
オペラハウスは、デンマークの建築家ジョーン・ウッツォン Jorn Utzon が設計したもので、シドニー湾を疾走(しっそう)するヨットの帆(ほ)をイメージしているそうです。
1955年、シドニー湾に、オペラハウスを作ることになり、デザインコンテストが行われました。
233点の候補作から、ウッツォンの作品が選ばれたのですが、作り始めてみると、いろいろと問題が起こり、結局、途中で本人はプロジェクトから手を引いて、デンマークに帰ってしまったのです。
その後、1973年に、何とか完成にこぎつけたものの、計画の10倍の費用をついやし、予定より10年も遅れてしまいました。
館内には1547席のオペラ劇場と、2679席のコンサートホールのほか、小さな劇場が2つと、映画館、レストランなどがあります。