オージー・イングリッシュ

オージー・イングリッシュとは 
日本人がよく耳にする英語は、アメリカ式の英語(米語)ですね。しかし、世界中で話されている英語は、場所によってずいぶん発音や使い方がちがうのです。
オーストラリアは、イギリスとのつながりが強いので、基本的にはイギリス式の英語を使っています。しかし、オーストラリア独特の発音や使い方をします。
これをオージー・イングリッシュ(オーストラリアなまりの英語)といいます。

イギリスの英語と米語
イギリスでは、エレベーターのことをリフトといいます。建物の1階はグランドフロア、2階がファースト(1番目の)フロア、3階がセカンド(2番目の)フロアです。米語では1階がファーストフロアですから、ホテルではよく混乱してしまいます。
また、アメリカでは猫(ねこ)のことをキャットと言いますが、イギリス人の発音ではカットと聞こえます。Zはアメリカではズィー、イギリスではゼットといいます。「色」をアメリカではcolorと書きますが、イギリスではcolourです。「中心」はcenterがcentreになります。
このように、イギリスとアメリカでは、発音や意味、つづりが少しちがいます。オーストラリアはイギリス式が使われています。
 

エイをアイと発音
オーストラリアの人たちは、エイと発音するとき、アイに近い言い方をします。
オーストラリア人があいさつをするときによく言う「Goodday,mate.(グッドデイ、メイト)」は、「友達よ、いい日になるといいね」というような意味なのですが、「グッダイマイト」と聞こえます。
ほかにも、紙(ペーパー)はパイパー、8(エイト)はアイト、門(ゲート)はガイト、言う(セイ)はサイと発音されます。
テレビのアナウンサーも、首相(しゅしょう)もみんな、この発音であたり前に話しているのです。慣(な)れないと何を言ってるのかわからないほどです。
ですから、単語のつづりを教えてもらおうとすると、「カイ、アイ、アイチ(K,A、H)・・」という具合に、大混乱してしまいます。

オーストラリア独特の言い方
アメリカやイギリスでは使わない言い方も、たくさんあります。
バーベキューはバービー(またはBBQ)、食べ物はタッカーと言います。もちろん、オーストラリア人(オーストラリアン)は、オージーです。


歌へ  生活へ